雪兎の徒然日記

ゲームと漫画が大好きな受験生のブログ

二度目の執行されてきました

結構がっつり「名探偵コナン ゼロの執行人」のネタバレがあるので注意してください。前回同様、書きたいところだけを書いているので、映画の内容は虫食いみたいになっています。

1回目の執行後の感想はこちら↓

無事執行されました - 雪兎の徒然日記

 

というわけでですね、また執行されてきましたよ。オタクではあるものの同じ映画に2回も足を運んだのはゼロの執行人が初めてです。罪深い。

上映を待っている間にTwitterを見ていたところ、興行収入が歴代最高(?)なのだとか。今回の映画のせいで降谷の女になった方々が安室透を”100億の男にする会”を結成していて笑いました。でも100億の男にしてあげたいと私も思う。

 

1回目は話の流れを追い、降谷さんが、風見さんが、あああああ……。っていう状態だったのですが、2回目はある程度の耐性がついていたので降谷さんを存分に堪能してきました。

今回の映画、安室透でもなくバーボンでもなく、降谷零でした。降谷さんが降谷さんしている姿に感動しました。

スーパーに業務用アイス買いに行くっていう行動は完全に安室さんなのに、どことなく漂う降谷零感が最高に好きです。

「いいお嫁さんになりそうですね」とかサラッと言っちゃう辺りが好き。そして梓さんの反応にめっちゃ同意する。そうだよね、安室さんの同僚って叩かれやすそうだもんね。壁に耳あり障子に目ありを現代風に言うと女子高生とSNSになるんだよ。安室さんほんと捜査以外でも気を付けて……。

 

そして、1回目の感想でも書いたと思うけど、コナンに盗聴器つけられた風見さんへの対応がとても好き。「これでよく公安が務まるな」というセリフと唐突に風見さんの腕をねじり上げるところに、安室さんだったらあり得ない粗雑さを感じる。降谷さん超こわい。

そして小学生の前で腕をねじり上げられた風見さんの心境やいかに。

 

今回の映画で一番興奮したのが雨が降っているシーンです。風見さんと降谷さんのやり取りも好きだけど、髪をかき上げて「IoTテロか…なんて子だ」と呟く降谷さんが好き。このシーンの声がとても好き。髪をかき上げているのも好き。もっと語彙力が欲しいけど、とりあえず色気がやばいと伝わってほしい。

その後、日本橋で降谷さんと風見さんが背中合わせで会話するところは私の中でトップ3に入るくらい好きなシーンです。何回でもリピートできる、あの会話。

この上なくシリアスなシーンなのに申し訳ないのですが、電話しているふりでスマホを耳に当てている降谷さんがいつも以上に幼く見えて可愛い。なんなの大学生なの??これでアラサーとか嘘やろ。

その後の「僕には、僕以上に怖いと男が二人いるんだ。そのうちの一人は、まだほんの子供だがな」と言っているときの憂いも感じる微笑が尊い

f:id:yuki-usagi02:20180511134454j:plain

この顔。

まあ、この後「同じ子供を思い浮かべましたよ」って言った風見さんが振り返った時にはもう居なくなっているんですが。この人風見さんの話聞いてたんだろうか。言い逃げ?

そしていなくなるのめっちゃ速い。雑踏に紛れ込んだにしても速い。ジャパニーズ忍者?降谷さんは忍者だった??

 

1回見てたけど、やっぱり今回も気になったところ。

コナンと共にテロの犯人を追い詰めるのはいいけど、いつものようにキック力増強シューズで空き缶を蹴ったものの、犯人が止まらないことに焦るコナンに「問題ない!」と言い切って人の車のボンネットに乗り、その上車の屋根をつたって走る降谷さん。問題しかない。絶対いくつかの車の屋根に傷ついてる。そして一番最初に乗られてしまった車のボンネットは無事なのか。へこんだりとかしてそう。

 

そんなこんなでツッコミ入れつつ、終盤。

降谷さん降谷さん言ってるけど、今回の映画の”公安の協力者たち”の人間模様も切ないよね。1回目は特に気にしてなかったけど、境子先生が「彼は何番だったのよ!」って叫んだ時にアレ?って思った。

なんでそこまで羽場さんの番号にこだわるんだろうって考えた時に、もしも羽場さんの番号が自分よりも若かったら…最終的にはお互いに本気で愛してたのかもしれないけど、きっかけは公安からの指示だったとか打算だったとか考えちゃうよね。

1回目に見た時に「彼を愛したのも私の判断!!」って言ってた境子先生を観て、この人めっちゃ怒ってるなーとか思ってごめんね。そりゃ怒りたくもなるわ。

 

一旦事件が収束した時に「すごいね、君は。全ての謎を解く」っていう降谷に「解けてない謎がある」と返したコナンに対して言葉を遮って「ケータイさっきからずっと光ってるよ」とかいう降谷さん!!!

ほんとに気になったのか解けてない謎を誤魔化そうとしたのかはわからないけど、どっちにしてもタイミングが雑。気になったなら空気を読めと言いたいし、誤魔化したならコナン君がそれで誤魔化されてくれたことは奇跡だと思った方がいいと思う。

 

まあ、この後やっぱり収束してませんよー、な事態が起こっていつものアクションシーンがあるんですが、ほんとに年々派手になっていくよね。やばさも増していくよね。

Twitterとかでも言われていますが、今回1番頑張ったのはRX-7。今作のヒロインと言っても過言じゃないと思う。モノレールを線路どころか本体の上も曲芸交じりに逆走し、最終的にはボンネットが燃えてる状態で空を飛んだRX-7。これ2台目のはずですが、直るんでしょうか。また買いなおすのかな…?

このあたりで「僕の恋人はこの国さ」があるのですが、2度目となるとセリフよりも降谷さんに目が行く。ハンドルとギア握る手つきめっちゃエロい。舌なめずりエロい。やばい。かっこかわいい。

 

空中に放り出されたコナン君を抱えて、ビルに向かって発砲しながらガラス窓に飛び込む降谷さん。この時、降谷さんはガラスで肩をケガしたのに、ここではコナン君に傷が増えてないところに泣きたくなった。自分と同等の実力があるって認めてるし、小五郎のおっちゃんを巻き込む事でコナンを「協力者」にしたわけだけど、降谷さんにとってコナン君は「守るべきもの」の一部で。

違法捜査には自分でカタをつけるって言ってたけど、その思いがあっての行動なんだとしたら、降谷さんはやっぱり公安警察で国と市民を守る人なんだなって思った。信念が強すぎて無理しそう。

 

最後の最後に、毛利探偵事務所にサンドイッチ持っていく安室さんが見れてなんとなくホッとした。

ダメ押しと言わんばかりの福山雅治さんの零 -ZERO-が素晴らしすぎて、ED終わった後立てなかった。いい年して泣くかと思った。一人だったから耐えたけど、後ろにいたJK2人組の片方は泣いてた。気持ちはわかるぞ。劇場出てすぐにGoogle playで零 -ZERO-を買ってしまった。CD出たらそっちも買うかもしれない。DVDは買う。本当はBlu-rayがいいけど、私のPCにBlu-ray入らないから、ひとまずDVDの方を買う。

 

安室沼の浅瀬からトリプルフェイス沼の奥底に叩き落された結果、公式ガイドブックやゼロの執行人の文庫版・クリアファイル(特典とかじゃないキャラクターのファイル買ったことなかった)などなど、バイトをしていた時の貯金に手を付けて、いつになくグッズを買い込んでいます。

今一番欲しいものはパフューム・ゼロです。ここまではまると思っていなかった私は3期の予約を逃しているので、果たしてあるのかはわかりませんが4期の予約待ちです。予約期間が3月で終了だったので、私みたいに今回の映画で沼に落とされた人向けに、もう一度予約開始してくれると信じてる。今予約開始したらめっちゃ売れると思うよ!特に私みたいな降谷零に夢見てる夢女子は絶対買うよ!だからどうかお願いします再販してください……

公式サイトでは5月再販予定とか書いてありましたが、あれたぶん予約分発送予定ってことですよねぇ……。いつもお世話になっているイメージグッズのサイトさんじゃないから、イマイチ勝手がわかりません。

もしも予約分以外に数量限定で再販するのであれば、張り付いて必ず購入します。

 

追記

あの後、祈りが届いたのか再入荷メールが届いたのでゼロ・パフュームの購入は決定しました。バーボンをイメージした香水も買おうか検討中です。

5月12日0時から予約可能なそうなので、取りあえずPCに張り付きます。このチャンス、逃してなるものか。

全国の降谷・安室ファンの皆様、一緒に頑張りましょう。